ジクレー版画とは | 沖縄オジーの発達障害美術館 沖縄平和堂

ジクレー版画とは


ジクレーやジクレー版画と呼ばれる技法は

近年のデジタル技術の発達と共に生まれた

新時代の「版画」技法です。


「ジクレー」とは、フランス語で「吹き付け」の意味があり

IRIS社が1980年開発したプリンターが始まりとされています。

最新のデジタル技術を使い、ジクレー版画用に開発された

最高級の素材(紙やキャンバス)にプリントされます。



ジクレー版画が発達した要因の一つに

近年、デジタル絵画を描く作家が増えて来たことも欠かせません。



又、写真家の方の作品販売や、アナログ作家の絵も

「ジクレー」として版画化されることも多くなりました。



特にデジタル絵画はアナログと違ってオリジナルはパソコンの中。

つまり、「データー」のために、

これを高級・高性能プリンターで「出力」したものが

「作品」になります。



一般的なポスターなどのオフセット印刷と違い、

ジクレー版画は「アート作品」として作家自身が監修を行い、

一点一点制作されています。

作者のサインやナンバリングも入り、希少価値もあります。


また、実際に比べてみると、ポスターなどのオフセット印刷と

比べると格段に綺麗な仕上がりになっています。



現在では一般的な版画技法として認知されており、

ルーブル美術館、メトロポリタン美術館などでも

ジークレー作品が展示されることもあるそうです。


ジクレー版画は複製画ですが、作家が真心を込めて、

一点一点監修しているという点は、変わりません。